9名の入居者と共同生活を送りながら、認知症の進行を予防するための生活を送ります。学習療法などの各種療法を行いながら、日常生活動作を一緒に行うことで、役割を構築し生活意欲をもつこと、個人の活力の維持と回復を目的としております。体操や外出などを積極的に取り入れ、身体機能の維持にも努めます。
 認知症状の進行や身体機能の低下が進むことで生活の様子が変化した場合も、出来る事を見出すこと、心地よく過ごせる環境をつくりだし、ご本人やご家族の望む限り、当事業所での生活を続けられるよう支援いたします。必要に応じて、医療機関とも密に連携をもちます。
 日常の健康管理は、かかりつけ医の先生との連携とともに、事業所に週1日訪問看護師がきています。

【入居条件】
@住民票の登録地が豊島区内の方
A医師から認知症の診断を受けている方
B常時医療行為を必要としない方
   
【その他に利用できるサービス】
 福祉用具のレンタルは、グループホームに入居すると全額自費負担になります。必要なものは購入などの方法もあります。詳しくは、ご相談ください。
訪問リハビリ(医師による指示書が必要)
訪問看護(医師による指示書が必要、自費になることもある)
訪問マッサージ(医療保険)